淋病の治療には抗生物質と言う薬を一定期間使うことがほとんどです。1回の治療で終了したとしても、その1回の治療には抗生物質が使われるはずです。近年では淋病で入院するケースは稀で、大抵の人が通院を毎日して、点滴や注射をすることが多いですが、この毎日の通院を勝手に辞める人も多いと言われています。

淋病の治療は薬による治療がメインになりますから、どうしても体調がよくなると途中でもういいかな?と思うこともあります。しかし抗生物質と言う薬は体内から淋菌がいなくなるまで続けなければならない薬なので、途中で辞めることは絶対にタブーです。

途中で辞めると淋菌が完全に体内から排出できませんから、中途半端に生き残った菌が抗生物質に耐えて生き延びてしまいます。そうなると、耐性が出来、抗生物質が効かない強い淋菌が誕生してしまいます。せっかくの完治のチャンスを逃してしまう他、二度と同じ薬が効かない体になってしまい、治療の選択肢が少なくなるので、非常に危険です。

自己判断で淋病の投薬治療を途中で辞めることは絶対にしてはいけません。少なくとも再検査で治癒が確認できるまでは少々手間やお金がかかっても続けるべきです。淋病の治療は抗生物質での治療以外の方法は今のところ見つかっていません。淋菌を抗生物質で排除する方法以外では、治療法がないと言っても良いです。

そのため、薬での治療をしない、途中で辞めるということは淋病を自分の体内で拡大させることになります。淋病治療はこうした理由から薬での治療がメインです。途中で辞めるリスク、治療をしないリスクは本当に恐ろしいものがあります。